2017.12.19

【よみもの】冬はいかなるところにも住まる・・・!?

寒い日々ですが、皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

吉田兼好の徒然草第55段には、兼好が家のつくりかたをアドバイスしている記述があります。

「家の作りやうは夏を旨とすべし。冬は、いかなる所にも住まる。暑き比わろき住居は、堪へ難き事なり」

家は、冬よりも夏の過ごしやすさを考えて作りなさいよ、ということなのですが、これがまた面白いことに京町家に

よくあてはまる話なのです。

営業をしている見世を抜けると、すぐあらわれるのがこの空間。日の光が差さない、涼しげな庭「坪庭」です。

DSC_6628

 

座敷の奥にあるのが「本庭」。陽の光がさんさんと差し込む暖かな庭です。

 

DSC_6649

この二つの庭の温度差で、家の中に風が舞いこみ、あつい夏の日でも屋内はすこし涼しく過ごすことができます。

しかし、冬になると隙間風がとても冷たく感じるこの家、、吉田兼好の「冬は、いかなる所にも住まる」というのは

忍耐強い昔の人たちだからこその言葉なのかも。

見るだけでは分からない、暮らさなければ分からない、そんな先人の知恵を感じながら生活できるのも

京町家の醍醐味です。

他のお知らせ

お知らせ一覧を見る