2017.02.10

「シゴトとセイカツの原点」モノづくりを育む商家の京町家特別公開(2/19 日)

161031DWKクロス_gカラー

「Design Week Kyoto 2017」は、2017年2月19日(日)から26日(日)までの間、古来から各種のモノづくりが行われてきた京都市の中心部で開催されるオープンファクトリーイベントです。

 

大西常商店ではサテライトイベントとして、「仕事とセイカツの原点」-モノづくりを育む商家の京町家-と題し、1日限定で京町家の内部を特別公開します。

 

職住が一体となっているのが特徴の京町家。仕事とセイカツを密接に繋げながらも、ゆるやかに隔てる建物の構造がたくさん隠れています。そんな京町家の仕組みを特別にご見学いただける機会を設けました。

ぜひお越しいただきますよう、よろしくお願いいたします。

 

日時: 平成29年2月19日 13:00~18:00
料金: 無料

 

なお、特別企画として70歩先にある「京都金物卸 (有)河長」様との合同企画「70歩展」を同時開催致します。

70歩展
京都金物卸 河長 × 京扇子製造販売 大西常商店
徒歩70歩の老舗がクロスしました

16406508_1231942733587883_4309003139383837750_n

 

大西常商店では広間「末廣の間」にて金具の展示を行います。
柔らかな色味の襖紙を彩る襖引手は、日本建築の「実用の美」を象徴する工芸品と言えるでしょう。

その他にも、現代的な技術と伝統技術を融合させたフック、和風金物をモチーフにしたアクセサリー等を展示致します。 京町家の空間にしっくりと馴染むその美しさを、ぜひご覧ください。

2144

また、松原堺町西入の河長様では、弊社の「投扇興」に触れることができます。(※三投げのみの簡易版となり、得点は特別仕様です。) 投扇興は、江戸時代に流行ったお座敷遊びのひとつ。台座の上に載っている蝶形の的に扇を投げ、 蝶の落ちた姿の美しさで点数を競います。

海外の来客があった際などにも、投扇興を通じて交流を図れば、言葉を使わずとも盛り上がること、請け合い。
ぜひ一度「投扇興」の魅力に触れて貰えれば、との思いで企画しました。

その隣で、お子様もご一緒に楽しんで頂ける様、河長 13 代目?の双子(9 歳)が主催する、 輪投げも企画しております。(※1回 30 円 もしくは 50 円 お菓子付)

 

「DESIGN WEEK KYOTO を機に繋がり、エネルギーを生む」 そんな一日になれば良いなと思います。

他のお知らせ

お知らせ一覧を見る